建設現場で働く人のための退職金制度

建退共東京都支部

Last Update 2021/12/8

Home >> 東京都等発注工事を受注したとき

東京都等発注工事を受注したとき

◎ 購入すべき共済証紙または退職金ポイントの算出方法

官公庁などの工事を請け負った場合には、当該工事に見合った共済証紙または退職金ポイントの購入状況を確かめるため、官公庁などの発注機関から掛金収納書の提出を求められることとなります。
東京都では、発注する工事に必要となる共済証紙または退職金ポイントの額については、次の方式のいずれかで算出することとしています。

A 加入労働者及びその就労予定日数が分かっている場合
 〇 購入額=加入している労働者の就労予定日数の総和×共済証紙(320円)

B 加入労働者は分かっているが、その就労予定日数が定まっていない場合
 〇 購入額=総工事費×{(購入代金率)/0.7}×加入者率
  ※ 総工事費=工事契約金額(消費税額を含む)+無償支給材料評価額
  ※ 加入者率=加入労働者数÷全就労者数

C 加入労働者が分からない場合
 〇 購入額=総工事費×{(購入代金率)/0.7}×加入者率(0.7=70%とする)


購入代金率(「掛金納付の考え方」の表)
工事種別分類表(「掛金納付の考え方」における工事種別分類表)
証紙・退職金ポイント購入額計算Excel
工事に係る書類(東京都財務局HP)